店長日記

“いらっしゃいませ”
お時間の許す限り、ごゆっくりご覧下さい。
また、ご希望商品やお探し中の商品等につきましてもお気軽に[お問い合わせ]にてご連絡・ご相談下さい。

店長日記はこちら >>

携帯ページ

お洒落着をお探しの方

  レディースファッション KATAYAMA (ロゴ)

<大きいサイズから    

        小さいサイズまで> 

レディース&ミセス婦人服

【LADIESFASHION KATAYAMA】   

<リンク集>

<リンク集>

さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト

<リンク集>

 

e-shops 投票バナー ここから
e-shops 投票バナー ここから
HOME»  コンシェルジェ»  ダンスについて

ダンスについて

★☆★< 社交ダンス >★☆★
社交ダンス(しゃこうダンス)は、儀式や舞台用ではなく一般人が男女のペアになり楽曲にあわせて自由に、男性が考えた動きを女性に伝えて、二人で一緒に楽しむダンス。ソロ・ダンスでもなく、群舞でもなく、ペアー・ダンスと呼びます。sociality dancing の訳から出来た造語で、ここからさらに Social Dance(ソシアルダンス/ソーシャルダンス)の和製英語も誕生しました。英語ではBallroom Dance(舞踏室の踊り)と呼び。広義では、競技ダンスも含まれます。

◆ 社交ダンスの種類
本来は、競技ダンス(competition style)と社交ダンス(social style)は、ダンスの種目で区別するものではありません。同じダンス(例えばワルツ)を、競技会ではコンペティションのスタイルで,パーティーではソーシャルのスタイルで、といったように踊り分けることのスタイルの違いでした。しかし、日本においては、1970年代頃から1990年代頃の間はパーティーダンスが下火になり、インターナショナルスタイル競技ダンス10種目をメインに教えるダンス教室だけになってしまった事情から、この10スタイルのダンスとそれ以外のスタイルのダンスを、明確に区別する傾向が、この間に育ちました。

1.≪ 競技ダンスの種類 ≫
スポーツとしてルール化する必要性から、国際戦のあるスタイルでは、以下の様にダンス種目数を限定しています。 日本で一番多く踊られている競技ダンスのスタイルは、イギリスを中心に発展普及したインターナショナルスタイル(International Competition Style Dancing)あるいはイングリッシュスタイルとも呼ばれているものであり、インターナショナルスタンダード・インターナショナルラテンアメリカンの2スタイルに分けられています。 アメリカを中心に発展普及したアメリカンスタイル(American Competition Style Dancing)も、同様に国際戦を行っており、アメリカンスムース、アメリカンリズムに分けられてます。これらメジャーなもの以外にも、各国各地には各々独自の競技ダンス種目が存在し、例えばイタリアのリショーなどが挙げられます。

① インターナショナル スタイル
◇スタンダード
◇ワルツ (スローワルツ)
◇タンゴ (コンチネンタルタンゴ)
◇スローフォックストロット
◇クイックステップ
◇ヴェニーズワルツ (ウィンナワルツ)
◇ラテン
◇チャチャチャ
◇サンバ (インターナショナルサンバ)
◇ルンバ (キューバンルンバ)
◇パソドブレ
◇ジャイヴ

スタンダードでは、ダンサーたちは、反時計回りのライン・オブ・ダンス(LOD)に沿って踊る。ラテンでは、サンバとパソ・ドブは、LODに沿って踊るが、その他のダンスは、その場に留まって踊ることが多い。なお、現在の日本においては、このインターナショナルスタイルの競技ダンスが近年主流で普及してきたことから、この10種目を指して「社交ダンス」と呼ぶ者も少なくありません。

② アメリカン スタイル
◇スムース
◇ワルツ (アメリカンワルツ)
◇タンゴ (アメリカンタンゴ)
◇フォックストロット
◇ヴェニーズワルツ (ウィンナーワルツ)
◇リズム
◇チャチャチャ (アメリカン チャチャチャ)
◇ルンバ (アメリカンルンバ)
◇スウィング (イーストコーストスウィング)
◇ボレロ
◇マンボ

2.≪ 日本の社交ダンスの種類 ≫
この他にも、競技会の種目に含まれないダンスも多数あります。社交ダンス(social style)・サロンダンス・ミロンゲーロスタイル・クラブダンス・ワールドスタイルあるいは競技ダンスとの対比でパーティーダンスと呼ぶ者もおります。会場も、舞踏会場だけでなくダンスホール・ナイトクラブ・ストリートなど屋内外様々な場所で踊られています。流行で新たに生まれるもの廃れるものが多々あるため、その総数は掴みきれていません。世界中には、音楽のジャンルの数だけダンスの数がある、と言う説もあるほどです。また、国際競技に含まれているダンス種目であっても、ワールドスタイル(インターナショナルソーシャルスタイル)やアメリカンスタイル(アメリカンソーシャルスタイル)の愛好家や、競技ダンスが主流になる前に育った世代の一部の者は、これらのダンスのソーシャルスタイルをパーティーで踊っています。日本で踊られている主なものをあげると、日本で古くから一般に馴染みのあるものにブルース・ジルバ・マンボ・スクエアルンバ等。1990年代頃より、ラテンアメリカン系ダンスが流行しはじめ、サルサ・メレンゲ・バチャータ・アルゼンチンタンゴ・ミロンガ・ヴァルツ・ランバダ・ズーク・ガフィエイラなどが広まりました。欧州からもクイックリズムダンス・ディスコフォックスなどが紹介されました。2000年代頃からは、北米系のリンディーホップ・チャールストン・ウエストコーストスウィング・ハッスルなども踊られるようになってきています。

◆ 歴史
1.≪ 世界の歴史 ≫
最初に誕生した社交ダンスは、ワルツ(ウィンナーワルツ)だった。ワルツのルーツはヨーロッパの民衆の中で踊られていたダンスだと言われています。プロヴァンス地方で踊られていたヴォルトというダンスが始まりだという説と、南ドイツからオーストリアにかけての民族舞踊レントラーというがルーツだという2つの説があります。12世紀ごろから徐々に王侯貴族たちを魅了し、ルネサンスのころヨーロッパ各地で流行した。ホールドをしないで踊るラウンドダンスが16世紀のエリザベス1世の頃まで続いた。その後ラ・ボルタと呼ばれる体をコンタクトして踊るカップルダンスが登場する。18世紀後半、ウィンナーワルツで一対の男女が向かい合ったクロースホールドで踊るようになって現在の形になった。この時をもって、社交ダンスの誕生とされている。  民衆から遅れる形で、ヨーロッパ諸国の宮廷の舞踏会でも、若者を中心にワルツが人気となる。しかし、男女が抱擁するこのダンスは、年配者や宗教関係者からは強い反発を受け、何度か禁止にもされている。やがて、大陸では、18世紀に、それまでの宮廷舞踊に混じって典礼儀式などの機会に取り入れられてゆき、上品化されてゆく。イギリスでは、19世紀の、ワルツ好きのヴィクトリア女王時代になるまで偏見が続いた。20世紀には、カッスル夫妻によって、これまでの爪先だけで踊るスタイルから、ヒールから歩く新しいスタイルが確立し、さらに優雅さが増す。このスタイルの流れから、イギリスのおいて競技ダンスが体系化され、分化した。民衆の間では、新しい音楽が生まれるとともに新しい踊りも踊られる様になる。ほとんどが小さな流行で消えてゆくが。19世紀では、ブルースやタンゴ(アルゼンチンタンゴ)が広く普及する。20世紀前半になって、ジャズなどの北米生まれの新しい音楽の流行によりフォックストロットやジルバ等が、ラテンアメリカン音楽の流行でスクエアルンバ(音楽:ソン)やマンボやチャチャチャなどの新しいダンスが世界に広まった。以降も各国で新しいダンスが生まれては廃れていったが、世界的な流行は、1990年代頃からのサルサとアルゼンチンタンゴを待たなくてはならない。21世紀になってからはインターネットのおかげで世界の情報掴みやすくなったため、各国のローカル流行ダンスがつねに世界に向けられて紹介されつつある(アメリカのスウィングやハッスル、ブラジルのズーク等々)。

2.≪ 日本の歴史 ≫
近代日本でも欧米に習い、鹿鳴館時代に上流階級の間に社交ダンスが外交政策上の必要性から導入された。鹿鳴館には、カドリーユやウィンナーワルツなどの、ウィーンの社交界スタイルのダンスが輸入された。日本で、富裕層を中心に欧米流の社交ダンスが行われるようになるのは、1918年(大正7年)鶴見の花月園にダンスホールが開設されて以降である。目賀田綱美により、フランスのサロンスタイルのアルゼンチンタンゴも、日本に紹介されている。一般庶民に社交ダンスが広まったのは、戦後になってからで、第二次世界大戦後は進駐軍向けにダンスホールが多数開かれた。また、若い男女の出会いの場としてダンスパーティーが流行し、ジルバやマンボなどのアメリカンスタイルダンスが流行った。舶来のダンスに満足しない若者の間からは、ハマジルやカワジルと言った和製ダンスも生まれている。また、これらアメリカンスタイルダンスの教習を併設する形で、インターナショナルスタイルの教室が増加した。1970年代には、次第にディスコなど自由な踊りに若者の指向が流れ、社交ダンス教室はだんだんとインターナショナルスタイルの教習に特化してゆく。インターナショナルスタイル愛好者は、戦後すぐから続けている中高齢者(当時)がほとんどになってきていたが、映画「 Shall we ダンス 」(1996年)のヒットなどをきっかけに若者にもスポーツ的な一面も見直されつつある。現在は、オリンピック種目採用を目指して、競技会や世界選手権なども行われている。1960年代からのディスコブーム以降は、ブルースは単純化をしチークダンスとして残ったが、バンプやランバダ(1989年)の小ヒットを除いて、若者の指示を受けるペアダンスは新たに生まれなかった。1990年代後半からは、世界的な流行となったサルサが日本にも浸透し始める。ラテン繋がりでメレンゲやバチャータやアルゼンチンタンゴも人気になる。クラブダンスとしては、男女ペアのダンスの久しぶりのヒットとなり、若中年層を社交ダンスを呼び戻すきっかけになった。ワルツなどの古流の社交ダンスをメインに教えていたダンス教室も、インターナショナルスタイルのみを扱う社交ダンス教室から、1990年代からはワールドスタイルを扱うクレアダンススクールや、2000年代からはアメリカンスタイルを扱うアーサーマレーダンスセンターなどのように幅を広げていく所が出てきている。一般への認知は、サルサやアルゼンチンタンゴは、流行とともに,都市部では踊る場所や教室が増えてきた。だが、広く地方や高齢者にも知れ渡ってきたのは、まだ21世紀に入ってきてからである。メディアに取り上げられる機会が増えたこと、特にTV番組ウリナリ芸能人社交ダンス部やダンスは一番で取り上げられる回数が増えたことの影響は大きい。現在、インターネットによる世界的な情報の得やすくなった時代背景も手伝って、外国で注目を集めているダンス(スウィングやズーク等)が、すぐに日本に紹介される様になってきている。

◆ 風営法とダンス
戦前、ダンス教習所やダンスホールに突然踏み込まれ、解散を命じられたこともあった。戦後も、ダンス教室は、学校や病院・保育園の近くに作れないという規制や、麻薬中毒者ではないという医師による証明書の提出義務などがあった。大阪府のダンスホールが閉鎖された翌年、ある商店から府に申請された「クリスマス・ダンス」に対して、「ほんとに社交のための社交ダンスならば許可してもよい」として、「府の担当者が慎重に調査中である」と報じられた。この新聞報道のタイトルは、「クリスマスのダンスにチャールストン御法度~社交ダンスの将来のために」であった。戦前・戦後を通して、ダンス界を拘束していた風俗営業法(戦前は府県条例)が、1998年,映画「Shall We ダンス」の大ヒットや国際ダンススポーツ連盟(IDSF)の国際オリンピック委員会(IOC)加盟など世論の後押しを受け、14年ぶりに大改正された。文部省認可の公益法人日本ボールルームダンス連盟(JBDF)の存在や、ダンスに理解の深い国会議員の組織「ダンススポーツ推進議員連盟」の精力的な活動により、ダンススクールの風営法適応除外が実現した。逆に言うと、ダンススクール以外での場所(ダンスホール,クラブ,公民館等)での、ダンス教習やパーティーは、未だもって風営法の対象に含まれたままである。

◆ ダンスパーティー
ダンスパーティーで、相手がいなくて踊らずに壁際に立っている女性のことを、「壁の花」と呼ぶ。男性の場合は、「壁のシミ」。ダンスを踊る相手がいない女性と踊る男性のリーダ役を、リボンちゃんという。ダンスパーティーの主催者側が用意し、胸にリボンをつけているため、そう呼ばれる。最近では、ダンスアテンダントと称すこともある。

◆ 衣装
スタンダードでは、男性は燕尾服,女性はドレスで踊るのが正式である。

◆ 社交ダンスの定義
○パートナーチェンジの思想。
○相手を変えても踊ることが出来る。
○ノーシークエンス(ルーテン無し)思想。
○即興の振付でも,リード&フォローで踊ることが出来る。
○オリジナルミュージック思想。
○始めて聴く曲でも,テンポの遅早があっても,踊ることが出来る。
○日常生活の延長線上思想。
○場所や衣装や靴が,特別のものでなくとも踊ることが出来る。
(WDC公認)

◆ 社交ダンスと競技ダンスの違い
競技ダンスは、社交ダンスの1スタイルとして生まれ発展してきましたが、元々の社交ダンスから大きく性格を異なってしまった点もあります。

        <振付>      <音楽>      <主体>
◇社交|ルーテン不要|     自由      | 踊る相手
◇競技|ルーテン必要|課題曲&標準テンポ|審査員&観客

◆ 脚注
sociality dancing の本来の意味は、「社交する目的のダンス」であり、ペアで踊るBallroom Danceものだけでなく、ソロやグループで踊るダンスも、社交する目的で踊られるダンスは全てsocial danceと国外では理解されています。 今日でも、WDC(世界ダンス議会)では、competition style と social style の Waltz を別々に採択しております。 2009年現在では、全社交ダンス愛好者の年齢割合は、高齢者が9割を超えてます。
<出典:大阪朝日新聞 昭和6年12月15日>
____________________________________________________________

◆ 社交ダンス用語と社交ダンス・テクニック一覧
※社交ダンスや競技ダンスなどのペアダンスに関するテクニックや用語の一覧です。
≪ ■ 印=ダンス用語 | □ 印=テクニック解説 ≫

☆<ア行>
■ アウトサイドエッジ (IE)

□ アマルガメーション
 2つ以上のフィガーを組み合わせたステップ。

□ アメリカンスムース
 アメリカンスタイルのダンスのカテゴリーのひとつ。ワルツ、タンゴ、フォックストロット、ベーニーズワルツなどが含まれる。

□ アライメント Alignment
 フロアーに対する足の位置のこと。

□ アンダー・ターン Under Turn
 正規の回転量より少なく回転すること ⇔ オーバー・ターン。

□ インサイドエッジ Inside Edge, IE
 足(フット)の内側のサイドのみがフロアーに接地するフットワークのこと。

■ インターナショナルスタイル

□ ウィンドミル Windmill
 ジャイブやジルバで風車のような動きをするフィギア。

■ ヴェニーズワルツ

■ ウォーク

□ エルオーディー Line Of Dance, LOD
 LOD反時計回りの方向をもつフロアーの端に平行な通り道。衝突を防ぐため、移動を伴うダンスでは踊り手はLODに沿って進行していくことになっている。

■ オーバーターン

□ オープンシャッセ
 チャチャチャやジャイブなどで使う。足を完全に揃えず行うシャッセのこと。


■ オープンターン

□ オープンポジション
 ラテン種目で男女が向かい合い、男性が左手で女性の右手をつないでいるポジション ⇔ クローズドポジション。

☆<カ行>
■ カウンター・プロムナード・ポジション

□ カウント
 音楽のリズム、テンポに合わせて拍子を取ること。

■ クイックステップ

□ クローズドフィニッシュ
 タンゴで使われる。フィガーの終わりで両足を閉じて終わること。

■ コントラチェック

□ コントラリー・ボディー・ムーブメント Contrary Body Movement (CBM)
 前進または後退の時,ステップする足と反対側の上体を前方または後方へ回転させる動作のこと。

□ コントラリー・ボディー・ムーブメント・ポジション Contrary Body Movement Position (CBMP)
 ムービングフットがサポーティングフット方向に対して前方または後方へ横切って出された足(フット)の位置。

☆<サ行>
□ サイドリード side lead
 ムービングフットと同じサイドのボディが先行すること。CBMの後続で行われることが多い。

□ サポーティングフット supporting foot
 体重を支えている、支え足のこと。

■ サンバ

■ ジルバ

□ シャッセ
 3歩で構成されるステップのことで、開く・閉じる・開く。

■ ジャイブ

□ シェイプ Shape
 体の各部分が垂直方向から角度をつけること。

□ スウェイ Sway
 上体を垂直方向からそらせること。

■ スタンダード

□ スピン
 回転のこと。

■ スローフォックストロット

■ セイムフット

■ セグエ

☆<タ行>
■ タイミング

■ タイム

■ タイムステップ

■ タップ

□ タンゴ
 本来タンゴは、アルゼンチンが発祥の地であるため種目的にはラテン種目のはずである。しかしスタンダードとラテンの分類は音楽ではなく踊り方で分けていた。そのため競技ダンスではスタンダードの種目になっている。アルゼンチンの酒場で生まれた「アルゼンチン・タンゴ」が音楽と一緒にフランスへ渡り,洗練され現在のヨーロッパ風の「コンチネンタル・タンゴ」に生まれ変わり広く親しまれた。

■ チェイス Chase

■ チェックバック

■ チャチャチャ

■ ディレクション

□ テンポ
 音楽の速度のこと。

☆<ナ行>
■ ナチュラルターン

■ ニューヨーク

□ ノー・フット・ライズ (No Foot Rise, NFR)
 次の足(フット)に体重が移るまで、支え足(フット)のヒールをフロアーに接地させること。

☆<ハ行>
■ パソドブレ

■ ビートバリュー

□ ヒールターン heel turn
 回転を行う際、サポーティングフットのトウからヒールに体重が移り、ムービングフットをサポーティングフットに揃え、クローズした足(ムービングフットであった足)に体重が移動する動作。回転の内側になるパートを踊る場合に行われる動作の一つ。

□ ファン・ポジション
 ルンバとチャチャチャで用いられるポジション。

□ フィガー
 2歩以上のステップを連続させ一定の形となったもの。

■ フェザーステップ Feather (step)

■ フォックストロット

□ フォロー
 リードに従って踊ること。

□ フットワーク
 フロアーに接するときのフット(足首から下)の振る舞い。フットがフロアーに接地する部分で表現し、ボール(ball)、ヒール(heel)、フラット(flat)、トウ(toe)、インサイドエッジ(inside edge)、アウトサイドエッジ(outside edge)等がある。

□ ブラッシュ
 ムービングフットがサポーティングフットに軽く触れて次にステップすること。

□ プロムナード・ポジション Promenade position
 男性の右サイドと女性の左サイドが向き合うポジション。

■ ブルース

□ フレーズ Phrase
 音楽の階層的なまとまりを示す単位。4小節あるいは8小節で構成されることが多い。

□ ヘジテーション
 フィガーの一部が停止され体重が1ビート以上片足に保たれること。ためらう、躊躇するの意。

□ ポイズ Poise
 両足におけるボディウエィトの位置やボディの傾き。

□ ポイント
 体重をかけずにつま先だけを床につけること。

□ ポスチャー Posture
 体の各部分(頭、ボディ、ヒップ等)の中心を垂直方向に配列することにより構成される姿勢。

■ ボタフォゴ

■ ボディーコンタクト

□ ホールド
 社交ダンスにおける男女の組み方のこと。

■ ボルタ

☆<マ行>
■ マンボ

☆<ヤ行>
■ ユイット

☆<ラ行>
□ ライズ・アンド・フォール
 足や脚およびボディを通して行われる上下運動のこと。ライズ・アンド・ロアーとも言う。

■ ライン・オブ・ダンス

□ リズム
 音の流れの中で強弱を作った一定の規則正しい繰り返しのこと。リズムの取り方で「拍子」を感じることができる。

□ リード
 踊りの中で男性が女性を誘導すること。フィガーの順序、タイミング、ポジションなどを伝え女性を正しい位置へ動くように導く。

■ リバースターン

■ リバースロール

□ ルーティン
 いくつかのフィガーを合理的に組み合わせ踊るステップの順序を決めたもの。

□ ルンバ
 キューバ生まれのダンスでゆっくりした音楽を使い男女の求愛を表現したダンス。ラテンダンスの基本ともいわれる。

□ ロァー
 ライズした高い位置から普通の低い位置に戻る動作のこと。

□ ロック
 Lock = 両足を交差させること。
 Rock = 両足を開いたまま体重を左右の足に移し替える動作のこと。

☆<ワ行>
□ ワルツ
 3拍子のゆったりとした曲に合わせて、流れるようになめらかに踊る華麗なダンス。ウィンナーワルツと区別してイングリッシュワルツやスローワルツと呼ばれることもある。


:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より作製しました。